スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活してきた! 

ホワイト・ママンコシェ、渾身の1輪!

7/5


7/6



スリップスが多いので、茶色いシミが残念。

でも冬の植え替えでコガネムシ幼虫の被害が見つかったので
咲いてくれるだけでも十分!

スポンサーサイト

踏んだり蹴ったり 

昨日オディエの誘引をする時に移動させたら、
なんだかとても気になったのがホワイトママンコシェ。

早速植え替えることにしました。

とりあえず、枯れた枝を切ってしまおうと思いハサミを入れると…


え?虫がいる?



これが出てきた虫。
何ていう虫かなぁ?
羽蟻が華奢でツヤツヤになった感じかしら?





合計3匹いました。
今までも枝を剪定して1mmくらいの穴がストロー状に空いていた事がありましたが、それもこの虫の仕業だったのかなぁ?



癒合剤を買ってきてから剪定しようと思ってたのに、
気になって気になってガリガリと切れない剪定鋏でいじってしまいました^^;


で、翌日の今日植え替えたワケですが、土が重たい。
購入時に植えつけてそのままだった(と思う)ので、そのせいかと思ったら
使っていたバラ用土がドイトの重たいヤツ(赤玉が多い)だったからみたい。

っていうか、もっとビックリしたのが
コガネムシの幼虫がたくさん出てきたこと!

今年初のコガネ幼虫です。


えーん、もうガッカリ。
左の塊状の根っこは、ロゼアポットの底辺りにあった根っこ。
右のが本体。
なので、ちょうどその中間部分をヤツらが食べてたってワケですね。

道理で今年はあんまり咲かなかったワケだ。
剪定して、液肥をやって、おおっ咲くかな?って雰囲気になっても
やっぱやめたーって感じだったことがあったし。

でも救いだったのが、木質化した太い根っこからも
白根がツンツンと出てきていたこと!
ガンバレー白ママン!とBGバイタルを潅水。

ちなみに、以前はロゼアポット10号鉢に植えていましたが
こんなに根っこが無くなったのでは、予定していた懸崖スリット鉢の10号じゃ
ちょっと大きすぎるよなー。
という事で、懸崖スリットの8号に植えました。
幹の部分も今年はいつもより強めに剪定しようかな。


ちなみちなみに、幼虫は体長2cm弱くらいの小さめの幼虫でした。
クリックで拡大
お決まりのプリンカップ(笑)

調子の良い二番花 


(7/16)
ホワイトママンコシェが咲いています。

1番花もそんなに不調というワケでは無かったと思うんですが
今もとても好調。

HTの色が強いバラで、新しく伸びた枝に1つの蕾を付け
そこに2個ほど側蕾が付くことが多いです。

本当は切ってしまったほうが良いのかもしれませんが
花が大きめなホワイトママンコシェは、
真ん中(先端)の蕾が咲いた後
一回り小さい側蕾が2つ揃って咲くほうが好きです。


7/22




7/26




7/26


ちなみに咲き進むとこの通り。
比較的花びらは痛みやすいかもしれませんが
ボーリングして開かない!なんていう事は少ないかな。

花持ちいい?! 

 雨に濡れたホワイトママンコシェ。(10/5)



この花は結構低い位置で咲いていました。
雨が降っていたのでしずくを纏っていますが
この後すぐにガクンとうなだれます。
結構細い枝に細い花首なんだけど、花はデカいんです。


で、結構花持ちいいです。
他の花で様子を追ってみましょう~

 10/11。9月に入ってからグングン伸びた枝の先、
 かなり高い位置で咲いています。




 10/13。あまり変化ありませんね。




それが…



 10/17。持ちが良いと言うよりは、耐えてる?!(~_~;)



こういうバラって片付けが楽で好きですヽ(´ー`)ノ


やっぱり一番好きかも~! 

やっぱり一番~なんてセリフは、こういう白~ピンクぼかしの
バラが咲くたびに言っているような気がりますが^^;
このバラは6月にニュージーランドから裸苗で到着したからか
かなり他のバラよりも贔屓目というかなんというか。

横顔もステキだわ~







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。