スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

5/6 咲き始めた

アブラムシが凄くって、それでも益虫を信じて(笑)放置したので
優勢だったアブラムシの排泄物で葉っぱはテカテカ(´ヘ`;)


5/9

夕方撮ったので暗くなっちゃったけど、でもカワイイ(*^-^*)


5/12 全体像

ラティスが曲がっちゃってるのが恥ずかしい!
上がシエロ、下がフランシーヌです。

ガンシュがある割には良く咲いたと思う。
珍しくちゃんと誘引したのが良かったかな。
相変わらず割り箸くらいのツルが2本という状態ですが
やっぱりオベリスクよりも、こういうフェンスの方が似合う気がする。


スポンサーサイト

頑張れ!ヒラタさん! 


フランシーヌ・オースチンは冬にラティスに誘引しましたが
昨日そのラティスの一部が濡れているのを発見。

何か白いのが居ますね…( ̄+ー ̄)☆


クリックでヒラタさん拡大
そうなの!ヒラタさん!
(注:ヒラタアブの幼虫です^^;)

昨日「おや、ヒラタアブがもう飛んでる~」って気がついてはいたんですが、すでに幼虫が活躍しているとは知らなかった!
しかも色的にもう終齢幼虫でしょうか?

ちなみにヒラタさん発見時は、垂直方向の枝のもっと上の方でムシャムシャとアブラムシ軍団を食べていたのですが、そちらはもう食べつくしたようで下に下りてきたところを翌日撮影した感じです。

ヒラタさんのすぐ下にはまだアブラムシ軍団がわんさか居るのが見えますが、ヤツらめがけてグングンと進むヒラタさん。
ホント頼もしい~(≧▽≦)


※ちなみにラティスが濡れているのも、ヒラタさん周辺の葉っぱが濡れているのも、アブラムシが出す分泌物です。


それにしても、同じラティスのフランシーヌの上方にはシエロも誘引してあるのに、全然アブラムシが付いていません。
シエロが強いのか?
それともガンシュ罹患株のフランシーヌが弱っているのか?
どうなんでしょう…(- -?)



やっぱりガンシュ 

今日は前からガンシュが度々出ていた、フランシーヌに取り掛かりました!

で、やっぱりガンシュが。(クリックで拡大します)
クリックで拡大 クリックで拡大


過去の記事を読み返してみると、まぁ随分デカいガンシュが出てたもんだと思います。

今回はそれでも大きくて2cm程度のコブ。
以前地表に顔を出していたのを取り除いた根にはもうコブはありません。
でもこの写真たちはみんな別の根。
右のなんて、根っこの随分先のほうです。

実は今回初めて根鉢を崩したのですが、
何と根っこがU字状に鉢に入っていたのです!(((゚д゚;)))
購入時はオースチンの緑の角ポットに植わっていたのですが
開花時期(の見切り品)の購入だったため、そのまま鉢増しして栽培。
そのうちガンシュが出て、去年は植え替えする気にもなれませんでした。

先日RORから裸苗が届いたときに同封されていた説明書に
「根の先が絶対に上向きにならないように植え込むこと!」
というような説明があったのですが…
よく土を山状にして、そこに根を広げて植えるっていうのは見聞きしますが
根っこの先をどうするっていうのは初めて聞いた!
今までそんなこと気にも留めないで植えてきたので
もしかして枯れたバラやガンシュのバラも
根っこの先が上向いてたんじゃないか?!
なんて思ったりしていたんです。

で、今回見事に上向きに植え込まれた根っこを見て
「そりゃ良い訳無いよなー」なんて思いました…。

今回根鉢を崩して良かったと思うもう1つが、コガネムシの幼虫。
ざっと10匹は見かけたので、根っこは比較的多く残っていたけど
こんなんじゃ尚更調子悪くなっちゃうじゃないの!

とりあえず、ガンシュがある根っこは根元からザクザク切りました。

そして、ロゼアポットの10号鉢はもうやめて
購入時に入っていた角ポットに植えました。

それをフラワースタンドの上の段に乗せて、
さっき改造した室外機カバーのラティスに誘引。


根っこを切っただけなので治るとは思えないけど、
ルイーズ・オディエも地表に現れたガンシュを取り除いただけで
翌年シュートも出して花もたくさん咲かせてくれたので
フランシーヌも咲いてくれるといいなぁ。


っていうか、こういう風に誘引しちゃったら
このホールリールはココには置けませんね…邪魔だわー!





フランシーヌのガンシュ 

昨年の冬は植え替えをしなかったフランシーヌ・オースチン。

初夏に値下げされたゴツいフランシーヌを見つけても、
「ガンシュ持ちとはいえ我が家にはあるし」と買わなかったけど
夏以降はサッパリ。

そんな我が家のフランシーヌ、今年もガンシュが出てます。
クリックで拡大  クリックで拡大

左の写真の左のガンシュが、右の写真。

どちらもポロリと取れました。

スカスカと軽い感じ。

以前の記事を読み返してみたけど、もっと黄色くて重みがあったかも。

根っこごと切ったほうが良かったのかな?

どうやら土が重たそうなので、この冬は軽~い土に変えてみようかしら。

案外元気? 



シュートがグングン伸びて、私の頭くらいまできたのですが
そこで花を咲かせました。
やっぱり本当は切ったほうがいいのかな?^^;

ちなみに相変わらずのガンシュ持ちですが、
このシュートが出る代わりに(?!)1本短い枝が枯れこみました。
やっぱりガンシュは取ったほうがいいのかな?
他のバラのように肥料をやっても良いのか?
そんな事が気になります。
もちろん同じように管理しているのですが(^^;)ゞ


翌8月28日、鉢を動かしたので反対側から撮影。

印象がだいぶ違いますね。
しべが見えないのもあるけど、今日は曇りだからかな?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。