スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不気味なコブの正体 

数日前、くぐれないアーチを下から覗き込んだら
葉っぱの裏に小さな玉がくっ付いていました。

初めて見ましたが、また他の日に同じように見てみると
違うところにも出来ている。

更には反対側から誘引しているコーネリアにもある…

そして、くぐれないアーチとは庭の隅と隅という位置関係の
フランシーヌオースチンにもありました。


一体何なんだろう???


クリックすると大きい画像が別ウィンドウで表示されます。
ロイヤルサンセットはかなりグロいです。
     ↓
クリックで画像が拡大します
ツルバラばかりに同じように玉があったので
何か病気なのかとドキドキしていましたが
”虫こぶ”だと教えていただきました。

スポンサーサイト

パステルピンク 




ホームセンターのJマートへ、
”売られている開花苗を見学に行った”つもりでしたが
ちゃんと買って帰ってきてしまいました。

インテグリフォリア系なのにこのベビーピンク、マジかわいい!

バラ以上にクレマチスの開花苗に弱い私…。

こんな色なの? 



去年友人と一緒にロゼフルールさんで購入した
今井ナーセリーオリジナルのプロバンス。

咲いてみたら「こんな色のバラ頼んだっけ?」って感じ

ロゼフルールさんに注文する時、リストをいただいたので
せっせとネット検索して花をチェックしていったのですが
プロバンスは「ジャパンフラワーセレクション」という
コンテストのサイトでした。

そこには白地にほんのりピンクのバラが載っていたのですが
レモンイエローの花が咲いてるやんっ!

あーあ、季節が変わると色も変わるのかなぁ。トホホ。


やっぱりいい香り 






今年の1番花はどうだったかしら…?
思い出そうとすると、ちょうどその頃は
自宅の私用PCが壊れていたので
撮った(と思う)画像は実家PCか外したHDDにあるはずですが…?!

とにかく今年はあまり咲きません。
一番花で2輪。
その後1本ベイサルシュートが伸びて、咲いたのがコレ。
気難しいと表現される方もいらっしゃいますが
それを覚悟で栽培しているので全然気になりません(笑)
あまり咲かなくて普通…みたいな感じでね。


難しい色なのよ 



私が苦手な青。
珍しくいい感じで撮影できてるかしら?というのは
ロウグチと一緒に写ってるビチセラ系ブルーベルの色を見て思うわけです。

5月実家に帰る際、その時咲いていたバラとクレマチスを
ありったけ切って持って帰ったのですが、
実家の母がロウグチをたいそう気に入って「欲しい!」と。
ちょうど私は「もう飽きたな~」なんて思っていたので
そのうち実家に持って帰る予定です。

でも蕾が上がりすぎて剪定のタイミングを逃していたら
こんなことになってます↓


種?もスゴイですが、このフェンスの向こう側は東なので
朝日に向かって伸びる伸びる!

そして地面に直接スリット鉢を置いてしまっているため
根っこは地面にめり込んでいます…。
切ったらダメかなぁ?

名前がピッタリだわ 



千葉の実家にある桃香です。

桃香が咲くと、あぁ本当にピッタリの名前だわ~って思います。

香りも良いのですよ♪


ただ…

後ろにスキャボロフェアーの花びら(だと思う)が
写り込んでしまって残念!
撮るときに気がつかないのが私らしいというか…


スキャボロフェアー 



実家に届いた園芸通販雑誌を母と見ていたら
「これ欲しい!」と言ったのでプレゼントした
このスキャボロフェア。

大苗で届いた時点から実家で育てているため
タイミング良く帰らないと見られないし撮影もできない。
そんな2年間でした(笑)

今年はようやくタイミングバッチリ!
開いてしまうとガバッとセミダブルなんですが
このグラミスキャッスルのようなコロコロ感が好きです。

樹形もあまり大きくならず、鉢栽培にピッタリです。

クレマチスの季節 




バラの1番花がひと段落すると、今度はクレマチスの季節ですね。
インスピレーションは(我が家のクレマチスの)中でも
早いうちに咲くような気がします。
他は木立のインテグリフォリア系が多いからかな?

今年もルイーズオディエを誘引しているフェンスには
いくつかのクレマチスも這っています。
今回はビチセラ系のブルーベルと一緒に開花。


いつも花が咲き終わらないうちに、
その少し下から次の蕾が上がってきてしまう為
中々バッサリ剪定できずにいるのですが
今年は心を鬼にして半分以下に剪定しました。
春一番も枝作りをしたけど、もっと枝数が増えてくれるといいなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。