スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃の事実! 

今日のタイトルはヤケに大袈裟ですが(^^;)ゞ

実は今日、前から気になっていたコンテス・セシル・ドゥ・シャブリアンの鉢増しをしました。

何が気になってたのかって、接ぎ目とその深さ。

過去の記事にも書いたけど、購入時すでにガンガン芽吹いていたので仮植えしたのですが、結局そのまま春を迎えたこのバラ。

春以降は数本あった枝も半分くらいになってしまったのに
また元気良くシュートが出てきてます。

継ぎ目が妙に深植えになってしまってたのが気になっててね。

それを解消したいのもあって鉢増しすることにしたんだけど
ついでに継ぎ目を確認してみました。

剥がしてなかった接ぎテープを切ってみると…



コリャ自根が出てるじゃん( ̄□ ̄;)!!!

右側のちょっと黒っぽいのが台木。
左側のクネッってるのがシャブリアンの本体の続き…。

深植えになってたから発根しちゃったのかな?

ってことは、我が家に来てから自根が出たの???(・・?)

だから春先は調子が悪くて枝が枯れ込んだりしたの?

購入後の昨年の冬には根を崩していないので、
今となってはもうわかりません…。

とりあえず継ぎ目よりも上まで来ていた細い根っこはハサミでカット!
そして8号の懸崖スリット鉢に浅めに植えました(笑)

冬、どうしようかな…。
もう自根だけにしちゃった方がいいんだろうか?

植え替えが楽しみというか、不安というか…(-"-;)


スポンサーサイト

コメント

すごいです~~、はじめて見ましたよ!
有名なKさんなどは「自根のすすめ」的な記事を確かBISESに書いてました。
この先どうなるか楽しみですね。
せひ追跡レポートをお願いしますv-121v-122v-122

>モモさん

あ、無農薬栽培のあの方ですかね?
今発売されてるヤツかな?だったら立ち読みしてこよう(笑)

実は以前も微妙に深植え&水はけの悪い土で
HTが発根しちゃったことがあります。(^^;)ゞ
バラチャンピオン様にご教授いただいたのですが
結局その株はあまりにも弱っていたので諦めることにしました。
(あんまり思い入れが無かったとも^^;)

自根だけにした方が良いのか、
それとも台木も一緒に残した方が良いのか、
全然わかりません!
どうなることやら…。
とりあえず冬までに元気に育ってくれるのが第一ですかね^^

ごめんなさい、最新号ではなく、もう1,2年前の本だったと思います。
ここ一年ほど買ってないんで(^^;
そうか~、弱っていると深植えとあいまって発根しやすいんですね。
我が家に「ロサ・ラクサ台木」のオランダ産の苗が一本あるのですが
これが日本の気候に合わないのか、ちっとも成長してくれないんです。
思い切って接木部分まで植えてみようかという気になりました。
自根だと何より病気に強くなり、花数が増えるんだそうです。
でも今までの栽培の定義とは正反対ですから勇気がありませんでした。
ダメ元でやろうかなあ~^^

>モモさん

私も買ったことが無いので、どんな話題が載ってるかとかも疎くて(^^;)ゞ

我が家でも輸入のERなどは最初は不調続きでしたよ。
枝は枯れ込むし、病弱だしって。
でももう慣れたのか結構いい感じに^^
屋上のカリスマ(笑)さんのブログにも輸入苗の植え方の記事が載ってましたね。

そういえば、いつも接ぎ目を埋めてしまうホームセンターを不思議に思っていたんですが、Webサイトを見てみたら「オランダ直輸入 今年もバラ入荷しました」って書いてありました。

うむむ、バラは奥が深いですねぇ。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。